【スペクトルの月】満月のエナジーリーディング

0
【スペクトルの月】満月のエナジーリーディング

青い月の嵐の年 スペクトルの月25日

満月/皆既月食(20:14)

「13の月の暦」KIN163 青い共振の夜

キーワード「調律・チャネルする・呼び起こす/豊かさ・夢見る・直感」

スターゲート Gate#130「可能性の扉が開く日」

小満次候 紅花榮 和暦旧暦 卯月十五日

インド暦2月 Visakhaの満月(ウエサク満月)

グレゴリオ暦 2021年5月26日

コントロールを手放す満月

こんにちは、POPです。

「スペクトルの月」の満月リーディングをお届けします。

13の月の暦では毎月の「問いかけ」がありますが、今月の問いかけは


私はどのように解き放ち、なすがままにさせるのか?


というものです。

このシンプルな問いかけが、どこまでも奥深く、様々な角度から自分を「見せて」くれる…この満月は、そのようなタイミングなのではないかと思います。

今日というピンポイントな日時のエナジーに関しては、ネットラジオ「声のオラクル」でご紹介しましたが、本記事ではこの満月が持つダイナミックなエナジー変化について、主に書いていきたいと思います。

この満月が伝えること

ここから次の新月に向け、多くの人が直面するのは「魂の成長に必要不可欠なプロセス」であるようです。

小細工では変えることができない、大きな変化です。むしろ成り行き任せにすることで、初めて見えてくることがあります。何かを維持しよう、あるいは思い通りにしようと躍起になるのではなく、むしろ「どう過ごしたら気楽になれるのか」を意識して過ごすと良いでしょう。

「隠しきれない感情」特に、許せない、という想いが噴出することも。

許す、というのが「今」の時空の大きな鍵を握っているようです。

許せないというこだわりが、自分を足止めしていることに気づくと、別の扉が開きます。


起こりうる変化

キーワードはっきりと、1つの扉が閉じた

それを自覚し、動揺するかもしれません。

1つの扉が閉じた、ということをどう捉えるか?

ある人は「別の扉があることを示された」と取る。

またある人は閉じた扉に固執し、ただ泣き叫び、立ち尽くす。

取り方、選択はどこまでも自由ですが、1つ言えること。

ある意味ショックで、明確なサインを現実世界で実感するでしょう。

これは、目覚まし時計のようなものです。

ショックはショックですが、驚いてばかりでは何も変わりません。

閉じた扉に「教えてくれてありがとう」と感謝し、軌道修正して前に進むことが可能です。

「今まで」に固執せず、どう進んでいくのか?誰しもが、問いかけていく時期に入ります。

変化は怖いかもしれませんが、そこから学ぶこと、得る実りは多いです。

本日のスターゲートはGate#130「可能性の扉が開く日」。

一見閉じたように見える扉を「認める」からこそ、開く扉があります!

恐れずに、いきましょう。

もう1つのキーワード「リアル」

リアルを感じきることにヒントが。

この満月のもう1つのキーワードは「リアル」です。

自分が「今」直面している現実はどういうものか。見極めていくことが大事になります。1つのリアルを実感することで、次のリアルへの扉が開きます。

このリアルで感じていることは、なんなのか?

このリアルにどんな喜びがあるのか?

このリアルでやり残していることは何か?

感じ切らずに表面だけ綺麗に整えていては、先に進めない。

現実的なニーズを見極め、必要と感じることを実行しましょう。

そこでお勧めしたいのが「自分に賞を授与する」という魔法です。

この上半期をまとめて、あなたは自分をどう評するでしょう?

自分なりの「〇〇で賞」を自分に授与し、ちょっとしたご褒美をあげてください。もし、本当は「★★賞が良かった」という賞があるのならば、その賞の存在を知った上で、今の自分が何をプラス/マイナスしたらそこに近づくのか、現実的に「見える化」していくといいですね。


リアルの中で、自分は自分をどう評価する?


ちょっと、心に留めておいてください。

次のステージに持っていけないもの

様々な角度から、今回の満月について書くことを試みてみました

スペクトルの月の満月は、皆既月食でもあります。

太陽と地球と月が直列し、月の全体が陰に入り込むタイミング。

輝いていて当たり前、と思っていたものの闇、本質、深淵を知る

そういった不思議を感じるかもしれません。

今自分が置かれている状況が、他者に比べて明るく(暗く)見えるかもしれませんが、大事なのは他者に「見せている」状況ではなく、見えても見えなくてそこに存在している自分の本質です。

普段あえて光を当てよう、当てようとして見てこなかったものの中に…

次のステージに持っていけないものがあります。

それを見極める、大切なタイミングですね!

本日は地球と月の距離がとても近い「スーパームーン」ということもあり、普段酷使していた体の疲れ、持病の振り返し、感情の高まりなどあるかもしれません。どなた様もご無理なさらず、ゆっくりと過ごして吉です。

ちなみに、皆既月食が観測できる時間帯は、だいたい夜の8時ぐらいから8時半前、と言ったところです。お天気によって見えやすいエリア、見えないエリアがありますが、エナジーを感じることは、見えても見えなくても可能です。

皆既月食の時間、月と太陽に想いを馳せて…

「今開いた扉は何?今閉じる扉は何?」と、勇気をもって問いかけてみてはいかがでしょうか。

満月の光が再び戻る頃、変容のヒントが訪れるかもしれません。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

本日も、素敵な1日をお過ごしください。

POP拝