嫌われるレッスン③~モラハラと人生の主人公~

0
嫌われるレッスン③~モラハラと人生の主人公~

こちらは、以下の記事の続きです!

「嫌われる」レッスン①~モラハラ~

「嫌われる」レッスン②~モラハラと境界線~


今の自分軸が変わると何が変わる?

 

さて、モラハラを考えるうえで、自分軸が大事であるというお話を、前の二記事でさせていただきました。

自他の境界をきっちりと引くことで、自分の望む人生を生きる。

その時、ひとは「わたしは望んでいないのに○○させられているの」という被害者意識を脱します。

 

被害者がいなくなった瞬間、加害者もいなくなる。

過去に起きた事実は変えられなくとも、自分のいまの意識、そして未来を変えられる。

未来が変わると、過去の意味付けが変わるので、意識の中では過去すらも変わる。

まずは、この大事な部分を再確認しましょう。

今が変わると

未来が変わり

今と未来が変わると

過去も変わる

○○される自分→○○する自分へ!

 

自分の生きたい人生。

しんどくない人生。

楽しい人生。

どのような表現であれ、自分軸の人生を生きるときに、ひとは変わります。

○○される自分→○○する自分への大変化です!

 

たとえ、仕事や住環境など、普段の過ごし方が全く変わらなかったとしても。

これは意識の中では宇宙的な大革命です。

 

「○○する自分」になるのは、とてもシンプルです。

前記事でもお話ししたように、「わたし、○○する!」と意識し、行動する。

これだけで大丈夫なのです。

 

しかし、ここに忍び寄るブロックがあります。

モラハラの影響で出来上がった、体のクセと心のクセです。

これも、ぜひジャンジャン外していきましょう!


体のクセと心のクセ

 

モラハラの悪影響を一言で表すならば、人生のクセがついてしまうことです。

人生のクセが付くと、ひとは恐怖から行動するようになってしまいます。

 

いくつか例をあげてみましょう。

おなじ行動について、どういう動機(モチベーション)で行動するか?


【例1:洗濯】

Aさん

「晴れていて気持ちいい日だから、洗濯しちゃおう~♪」

Bさん

「毎日洗濯しないと怒られるから、洗濯しよう…」

 

【例2:LINE】

Aさん

「あ、あの人からメッセージ!今は忙しいから、できるときに心をこめてお返事しよう!」

Bさん

「あ、あの人からメッセージ!今は忙しいけど、即レスしないと後が怖いから返事しなきゃ…」


同じ行動でも、モチベーションが違うのが分かりますね。

愛or恐怖に分かれています。

軽いor重い、と言ってもいいかもしれませんね。

 

Aさんは自分の気持ちを基準に。

Bさんは他者の気持ちを基準に。

それぞれ、行動しています。

 

モラハラを長く受けてきた人、そして他人の気持ちの影響を受けやすいエンパスの人は、Bさんのような行動基準になってしまうことがあります。

これは、ぜひ!今日にでも卒業しましょう。

 

なぜなら…

毎日の繰り返しは、クセや習慣になり…

それが運命になってしまう。


思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

–   マザー・テレサ


運命はあなたのもの

 

強く言います!

モラハラは運命ではありません。卒業しましょう。

エンパスの人の心は誰のもの?それは、その人自身のものです!

モラハラの経験者も、エンパスの人も。

自分軸を、取り戻しましょう。

 

「これは自分の価値観?」

「これは自分の感情なの?」

「これは自分の本当の望み?」

 

しつこいぐらい、確認したっていいんです!

どの感情も、どの一瞬も、チェックして問題ありません。

 

時として、自分が受けた怒りを、そのまま次の人にキャリーオーバーしてしまうことがあります。

モラハラを受けた経験者の人が、モラハラの伝達者になってしまうということです。

 

「わたしはいつも○○だからダメ、といわれる。では、ダメというあの人の行動をまねてみよう…」

 

こんな心理が働くと、全ての人に同じようなリアクションをとってしまうことになる。

もったいな~い!!!

 

自分の考え方を外す生活習慣を、早速やってみましょう♪

良くこのブログでご紹介している日記でもいいですし、軽い運動や趣味…

あたまに溜まったものをプシュっと抜けるようなものなら、なんでも◎です!

 

瞑想やヨガ、アクセス・バーズ™、BMM™なんかもいいですね。

意外と、料理もいいですよ。(その瞬間に没頭できるので、瞑想苦手な人にはおススメかも!)

 

楽しく毎日できる方法で、人生の主人公エンジョイしていきましょうね~!

 

木田時輪