この満月からの面白い展開「非常識な自分に出会う」

1
この満月からの面白い展開「非常識な自分に出会う」

おやおや?

この満月からの展開が、マジカルで面白いことになりそうですよ!

2017年10月6日(金) 満月

旧暦8月17日 月齢15.9

秋分末候 水始涸(みずはじめてかるる)

13の月の暦 電気の月17日

テレクトノン「魔術」

KIN136 黄色い律動の戦士

律動の:同等 組織する つり合わせる

黄色い戦士:知性 問う 大胆さ

謙虚さのこと

 

日本では、謙虚さが美徳とされてきました。

謙虚さって聞くと、どういうイメージでしょうか?

  • でしゃばらない
  • 知っていることでも「わたしは知らない」という感じ
  • やっていることでも「まだまだです」という感じ
  • 差し出すものを「つまらないのものですが」という感じ

そんな感じかな?ほかにもいろいろありますよね。

でもね、この満月から次々回の新月(11月18日)までの間は…

「本当の意味での謙虚」を知る、実践していくことになるようです。

本当の意味って????

 


本当の意味の謙虚

 

本当の意味での謙虚は、等身大であることです。

  • 等身大の自分を、的確にとらえる
  • 知っていることはある。でも、もっと知りたい!
  • やっていることはある。でも、もっとやりたい!
  • 大切なものを心をこめて受け渡していきたい。

謙虚の本質のエネルギーは、このようなものです。

等身大かつ、最新の自分としてあたらしい気持ちで生きるエネルギー。

日々アップデートしたいからこそ、「謙虚」がある。

 

ところが…

現代日本の「謙虚」には、不要なエネルギーが付着しています。

  • 嫌われたくない
  • 出しゃばりと思われたくない
  • 「いい人」でありたい
  • 穏便に生きたい
  • 美徳(徳)のある人と思われたい

などなど。

こうしたエネルギーがくっついて、重くなっちゃった謙虚が、集合体意識化したもの。

それが、現代日本の「謙虚」なのです。

 

並べて、比べてみましょう。

 

【謙虚が持つ、本質的なエネルギー】

  • 等身大の自分を、的確にとらえる
  • 知っていることはある。でも、もっと知りたい!
  • やっていることはある。でも、もっとやりたい!
  • 大切なものを心をこめて受け渡していきたい。

【現代日本の「謙虚」のエネルギー】

  • 嫌われたくない
  • 出しゃばりと思われたくない
  • 「いい人」でありたい
  • 穏便に生きたい
  • 美徳(徳)のある人と思われたい

 

だいぶ、異なる姿に見えますね。

さて、前置きが長くなりましたが、もう一度。

この満月から

次々回の新月(11月18日)までの間は

「本当の意味での謙虚」を知り、

実践していくことになる期間。

非常識な自分との出会い

 

さて、どういうわけか、ここから約1か月ほど、わたしたちは「非常識な自分」に出会うようです。

  • わたしって○○だよね
  • わたしの天職は○○
  • ○○してるときが一番しあわせ

…なんでもいいのですが、

こういうのが、ひっくりかえっちゃうみたいですよ~!

 

常識って、実は「自分だけの常識」なんですよね。

自分が「常識として取り入れたい」と思っていることが、自分の常識です。

ところかわれば、常識が変わる。

あなたが変われば、常識も変わる。

 

この1か月間を例えるならば、「あたらしい所に行く旅」です。

「よっしゃ、実際に旅に行くぞー!」と鼻息荒くなるのではなく(笑)

日常が、もう旅。

目からウロコの色々が、おきて。

もう、ポロポロポロっと…

変わっていくんですね!

 

面白いと思います。

節目はやはり、満月&新月。

西暦で書いてみますね。

 

☆本日10月6日(金)満月

★10月20日(金)新月

☆11月4日(土)満月

★11月18日(土)新月

 

その他…

◎10月16日~25日 連続した「銀河の活性化の正門」

◎11月7日(立冬)

◎11月11日、12日(12日は銀河の活性化の正門)

◎11月15日(銀河の活性化の正門)

 

も、要チェック!

 

非常識な自分と出会ったとき、わたしたちは「あたらしい謙虚」にであいます。

こんな、あたらしい○○と、この秋一杯出会えそう。

 

素敵ですね!

今日も楽しい1日をお過ごしください。

 

木田時輪