【番外編】ある日の日暮時空探偵事務所、2020年3月某日

0
【番外編】ある日の日暮時空探偵事務所、2020年3月某日

POP 「日暮。2020年3月25日。ホロスコープみてもらえる?あと、1808年3月25日のホロスコープ見れるかな。地点はフランス・ノルマンディ地方、 および山口県中央部」

日暮「おけ」


数時間後

日暮「3.25 星の感じ的に、政治経済がひっくり返ってもおかしくない感じ。激しめ。次の時代に向かってスタートを切るのかな。情報系が関わりそう。過去を清算して新しく自分のスタイルを作り出そうとする人は乗り、しがみつけばヤられる。

コロナは変わらず。恋愛とかパートナーシップ、あと乗ってる人の金運は良さそう。これも今までの形というより、新たな形によって。

ハッキリと分かれ始めるね。

POP「今の時期、マネーのブロック外すことが大事かもね。自らの行動を制限するものの正体は何か?実はお金では無いとしたら?という問いかけの始まり。1808年は?」


また数時間後

日暮「1808.3.25 まだチャート出しただけだけど、えらいこっちゃだよ。笑

今と近いとこある

今がこの世の変革だとしたら、1808はあの世の変革

山口とノルマンディの差はほぼ無い

1808
型破りの哲学的な思想が、不思議の世界、あの世、人間の無意識の部分を刺激し、激しく新しい幕開けを社会が迎えていたタイミング。

1807.3.25
アメリカ 3月25日 – 奴隷制度廃止運動: イギリス議会で奴隷貿易廃止法が可決

その後、ナポレオン大暴れ

1808
アメリカ 奴隷貿易禁止

POP「なるほど。キーワード多いね。問いかけて見よう。

1808年のフランスと山口県、1943年から45年の浅草、1995年の神戸、2005年の東京、2020年の今。

これをつなぐものは何?私たちは何に気づき、何を知り何を受け取って何を超えていく?


★POPよりひとこと

日暮から許可を取って、会話をそのままブログにアップしました。日暮時空探偵事務所シリーズは与太話的メタフィクションですが、こちらはリアルトークです笑

Day2の内容と、ちょっとシンクロしているかもしれません♫


近日のセッション情報
クリスタルヒーリング
関連のクラス
アクセスバーズ関連のクラス