高次元の存在は「うっかり八兵衛」

0
高次元の存在は「うっかり八兵衛」

*ここまでのあらすじ

高次元の存在は、「時間」「空間」「感情論」の概念がないので…

人間の3次元的・四次元的な観点から見れば結果的にKYなタイミングで、TPOを無視してメッセージを送ってくる。

「思いと言葉と行動と受け取りに矛盾がない」…うっかり八兵衛と一緒だね!

 


メッセージを受け取るプロセス

 

メッセージを伝えてくる側(高次元の存在)は、うっかり八兵衛です。

受け取る自分も、うっかり八兵衛になって…

軽いノリでPOPに受け取ると、続報がどんどん入ってきます。

 

冒頭に書いたように、メッセージはすごく抽象的に来る場合が多いので、メモにしておくといいと思います。

ある程度たまってくると、文章になったり(単語カードにしておいて、時系列でならべたりとか)。

あるいは、突然「ああ、そうなのか」と分かったりします。

繰り返し目にする/耳にすることについて「浮かんだ思い」を、随想的に書くのもいいですね。

 

ただし、メッセージを考える/講釈すると、違う方向に行きます。

意味付けする=意味を付加すると、違う要素をプラスして、「重く」していることになります。

意味の付加と連想、随想の違いは、説明するよりも感覚で言った方がわかりやすいかな?

 

「考えて」「重々しくなるもの」=自分の思考

「感じて」「浮かぶもの」=メッセージ

 

という違いです。

 

ちなみに、重々しくなるものって、だいたい楽しくないですよね。

楽しくない物を、わざわざGETする必要は、ないと思います!(きっぱり)

 

あと、場合によって「使命」とか「なさねばならぬ」と伝えてくる誰かがいると思います。

(例)そなたは◎◎をする使命があるぞよ~ とか。

 

それは…

やってもやんなくてもいいと思います(笑)

本当のライフワークとかミッションの場合、どこかの時点で「自分はやりたい」と気づくからです。

また、現在の次元は「~ねばならない」というチャンネルと別の所に向かっているので、このメッセージはちょっと前の時代から、時差で届いたものと思って下さい。

 

私もこういった「◎◎になるぞよ」を何度か受け取ったことがあります。

(旧ブログで書いた、ケン○ッキーでフライドチキンを食べながら、将来シャーマンになると宣告された話とか。過去世のおっさんが、教育ママみたいに暦を学ばせてきた時とか 笑)

 

そのなかには、本当のこともあれば、

メッセージの伝え手の思考/想念が入って重くなったものもあります。

 

色々ですが、自分にとって軽く、心地よいものをどんどん受け取れば、問題はありません!

 

関連して、いわゆる「予言」を受け取ることがあると思います。

これについては、次週のWEBラジオで触れたいと思うのですが…

 

「予言」を言葉として認知した時点で、それはクリアリングできる。

運命は、無限に分岐することができます。

 

「予言」は、慎重に取り扱う必要があると思います。

不用意に拡散すると、多くの人の「おそれという名の集合体意識」が広がる可能性があるからです。

 

高次の存在は、「よりよく生きるためのヘルプ」をしたいと思っています。

決して、パニックを与えようとはしていません。

 

だから、「予言」的なメッセージに関しては、まず客観視して「これって何だろ?」と問うてみる。

拡散するのではなく、個人としてそれにどう貢献できるのか?自分からどう平和が拡大するか?

考えてみると、POPでナイスな感じだと思います!

 

ザックリ書いてきましたが、一度コツをつかむと、どんどん、ますます受け取っちゃうかも☆

楽しみですね!

 

今日も、愉快な一日をお過ごしください。

 

木田時輪

 


☆ときわの近況報告☆

アクセス・バーズ™ ファシリテーターになりました

人生をよりPOPに生きるためのナイスなツール。

それが、アクセス・バーズ™。

もっと多くの人に知ってもらいたい☆

1day講座開始します。 くわしくは「こちら」