「時間がない!」と最近思うあなたへ。

0
「時間がない!」と最近思うあなたへ。

こんにちは、ときわです。

突然ですが、最近

時間がない!

 

と思うことって、ありますか~?

それって、ナイスでポップで新しいサインですよ◎


そもそも、時間は「ない」

 

大前提をお話します。

そもそも、時間とは概念に過ぎず、絶対的な存在ではありません。

 

クロノスとカイロス、という言葉があります。

前者は時計的な、測れる尺度の時間。「歴史的」な時間。客観的な時間。相対的な時間。

 

後者は例えるなら運命の分岐点。

わかりやすく言えば「その時歴史が動いた!」の「その時」です。いわばあるモノ/ことにとっての主観的な時間。

絶対的な瞬間、と言えるかもしれません。

 

でねでね…ザックリ言いますと、

歴史(History=’His’Story=His(主君の)Story(ものがたり)の時代が、ずっと続いていたのですが、

「誰かの管理」というアイデアが、地球から外れていく中で、

特に強く管理的な性質を持っていた概念「時間」というものが

剛速球で変化していっています。

 

今、本当の意味で「時間がない」っていう時代に、近づいているのです。


モノサシが変わる

 

ここ数千年時間の尺度というものは「ほかの人が作ったモノサシ」で計っていればよかった。

ところが、ひとりひとりがモノサシを持つタイミングが到来しました。

 

なれていた道具から、あたらしい道具に切り替わる。

はじめて自転車に乗るときって、乗れるまでが大変でしたよね。

そんな体験と、よく似ている時期です。

 

だから…

  • やたらと忙しい
  • やたらとアクシデントが起こる
  • 急に話が決まる
  • 決まった話が急に無くなる

なんてことが、「数日集中的に起きる」かと思ったら…

  • いつもだったら苦手だったことが、スラスラできるようになっている
  • 必要な情報がパッと集まる
  • フットワークが軽くなる
  • 思いもよらないようなナイス&ハッピーなチャンスが来る

という、真逆のことが起きるかもしれません。

 

一喜一憂の必要はありません。なぜなら今は、

 

誰もが ひとりひとりの

あたらしい時間に

少しずつなれて

自分の時間を

取り戻していっている

 

再び、自転車を例に出しますね。

 

三輪車から、補助輪つきの自転車に乗り換えると、最初はヨタヨタ。

でもいつしか、補助輪つきを余裕で乗りこなせる。

今度は、補助輪を片方外す。

ドキドキするけど、いつしか乗りこなせる。

そして、ついに両方外す…

最初はおぼつかなかったけど、

自分で走る爽快な自由が来る!

 

今「時間がない!」と感じるのは…こういう現象が起きているからでした!

ワクワクですね☆

 

振り返ると、楽しい1ヶ月(ある角度から見れば、その後の1年の縮図のひとつでもある)だと思います。

 

今日も、ステキな1日をお過ごし下さい。

 

木田時輪