「七夕」四つの角度から変化のエナジーを読み解く。

0
「七夕」四つの角度から変化のエナジーを読み解く。
黄色い水晶の種の年 
宇宙の月11日

KIN150「白い共振の犬」
共振の:調律、チャネルする、呼び起こす
白い犬:ハート、愛する、忠実

旧暦 皐月廿四日 
小暑初候 温風至

グレゴリオ暦 2018/7/7
七夕

グレゴリオ暦7月7日。

 

今日は、グレゴリオ暦7月7日。

7月7日と言えば、七夕です。

織姫・彦星伝説を、懐かしく思いだされる方も、多いのではないでしょうか。

 

実は今日は、旧暦では5月24日。

グレゴリオ暦と、1か月ちょいズレがありますが…

世間一般的に「グレゴリオ暦7月7日」は広く認知されているので、七夕のエナジーも、言霊的には今日大きく動くと思います。

 

そこで今日は、

〇七夕の日のエナジーとはどのようなものなのか?

〇旧暦のエナジーはどのようなものなのか?

〇13の月の暦では、どんなエナジーなのか?

〇西暦を数秘術で観察するとどんな日なのか?

という、4つの角度からお話してみたいと思います。

 


〇七夕の日のエナジーとはどのようなものなのか?

 

たなばた、という言葉を、カタカムナの思念読みで読んでみます。

「別れる/核・重要なモノ・7次元/反対方向に引き合う/別れる」

分岐していく核が反対方向に引き合って別れる

 

【ときわの解釈】

もともと分岐が始まっていた、その人(もの)のコアなエナジー。

それが、7次元を境として反対方向に引っ張り合い、別れていく。

→7次元より先の世界とのシンクロ/それに反発するとどまりたい力の分岐。

 

不思議へのアクセスのターニングポイントが、「七夕」には隠されているのかも知れませんね。


 

〇旧暦のエナジーはどのようなものなのか?

 

本日は皐月廿四日、小暑初候 温風至。

小暑は、1年が約半分経過したタイミング。夏のご挨拶が始まるような節目です。

温風至(あつかぜいたる)は、いよいよ暑くなって、夏が盛り上がるシーズンの始まり。

仕切り直し、熱く盛り上がるカーニバルなエナジー」を、感じちゃいますね!

 


〇13の月の暦では、どんなエナジーなのか?

宇宙にシンクロしたあたらしい暦、「13の月の暦」。年月日で見てみたいと思います。

 

1)黄色い水晶の種の年 
水晶の:協力、捧げる、普遍化する
黄色い種:開花、目指す、気づき

自分がこの世の中にどんな貢献ができるのか?あたらしい才能や魅力を開花するような気づき、目標が生まれるエナジー♪素敵ですね。

2)宇宙の月
キーワード「存在」
「私の歓びと愛をどのように広げるのか?」

今の自分がより拡大し、自由になっちゃういい感じ。

 

3)KIN150「白い共振の犬」
共振の:調律、チャネルする、呼び起こす
白い犬:ハート、愛する、忠実

 

カタカムナとちょっとシンクロしている気がします。

自分のハートや愛に忠実に、生き方をチューニングアップしていく日!

 


〇西暦を数秘術で観察するとどんな日なのか?

2+0+1+8+0+7+0+7
=25→2+5=7

あら!また7という数字が出てきちゃった♪

 

7はとても神秘的な数字。

 

人間が目で感知できる三原色(赤、緑、青)を混ぜて生まれる4色(白、黄、シアン、マゼンダ)を足すと「7色」。

チャクラは「7つ」

結晶内の粒子の配置構造(結晶格子)も7種。

7つの惑星(月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星)

北斗七星も、7つ。

 

数秘術的には、「一人で自分の内側を見つめる」神秘的なタイミングと言えます。


7次元、7のエナジー

 

ここ最近、地球では大浄化が様々な形で行われています。

色々不安になったり、モヤモヤするかもしれません。

なんかしなきゃ…と焦る一方で、やる気なく、はかどらない自分。

 

そんな体感が、きょう不思議とリセットされます。

ぜひ、「7月7日、7のパワー」で、「あたらしい自分計画」をしてみてはいかがでしょうか。

意外と、はかどっちゃうかも!

 

今日も楽しい一日をお過ごしください。

 

木田時輪

 

PS ちなみに、七夕のエナジー、チャンスはもう一回ありますよ。

和暦旧暦の7月7日、すなわちグレゴリオ暦8月17日です。イェーイ!


★ときわよりひとこと★

先日は、こっそり行ったzoom講座(笑)のご視聴ありがとうございました!

その時の模様や、後日談など。「こちら」から掲載しています。

今日のつぶやき」もこっそり更新中です♪