立秋。今年の流れと、エナジーチャージのヒント

0
立秋。今年の流れと、エナジーチャージのヒント
旧暦 水無月廿六日【立秋】涼風至

⚫︎13の月の暦
赤い宇宙の月の年 磁気の月13日 
KIN81「赤い水晶の竜」
「協力、捧げる、普遍化する」
「誕生、育む、存在」

本日は、立秋

 

七十二候「涼風至」。

なかなかそんな気分には…と思いますが、沖縄の空にはトンボが飛んでいます。

秋は、静かに訪れているんですね。

静かな流れが、静かに始まっています。

 

「今年は変化が多くて、とても静かな心境にはなれない!」という方も多いでしょう。

しかし、思い出してください。その変化も、静かに、気づかないうちに、始まっていたのではないでしょうか。

 

激動の変化すら、静かに始まります。

静かな流れは、さらにさらに静かに、始まっているのです。

立秋の今日、「今年」という年のエネルギーを振り返ってみましょう。

 


今年のエネルギー

 

今朝、思い立って計算してみました。


グレゴリオ暦2018年

数秘術「11」または「2」

11→独自の視点で活発に動きつつ、他者を受容。勘が鋭くなる

2→新しいカタチが、ふるふると動きつつ形をとる

 

皇紀2678年

数秘術「5」

5→変化。ある状態に閉じ込め、自由を奪ってきたものは何か、明らかになる。


これと、13の月の暦を照らし合わせると面白い。

 

13の月の暦「赤い宇宙の月の年」

宇宙の→存在、持ちこたえる、超える

赤い月→普遍的な水、清める、流れ

 

これらをまとめ、POPに今年を読み解いてみました。

 

「独自の視点で活発に動きつつ、他者を受容し、勘が鋭くなる」自分。

その「新しいカタチが、ふるふると動きつつ形をとる」。

動く中で「自分をある状態に閉じ込め、自由を奪ってきたものの正体」を知り…

「自らの存在を持ちこたえ、バージョンアップして越える」

そのために「この世全てに存在する水の流れで清めていく」

 

…なんだか、グッときますね!

いま向き合うことが、明確になる時期です。

 


まだまだ、はじまったばかり。

 

「もう8月じゃない…下半期も終わりかけてる!」

そんな、焦りをお持ちでしょうか。

ご安心ください。

 

13の月の暦では、「赤い宇宙の月の年」は、ついこの間始まったばかりです。

和暦だって、まだ6月(水無月)。やっと下半期に入ろうというタイミング。

さらに、水星逆行。自分個人のペースにランディングしていくチャンス。

 

やったー!

こっそりラッキー情報です。

来る8月10日(金)は、旧暦の「夏越の祓」。

今年上半期のケガレを(氣枯れ)を浄化する大チャンス!

さらに、その日は13の月の暦では、シンクロの不思議が起こりやすい「銀河の活性化の正門」ですね。

 

浄化&エナジーチャージで活性化★

素敵ですね!

 

ご自身にぴったりの方法で、エンジョイしてみてください。

木田時輪

 


★ときわよりひとこと★

暦って、色んな「ワンチャン」を教えてくれて、面白いですね!

なにかエピソードがあったから「自分はだめだー!」ということは、ありません。

暦を自分で読み解くと、サーフィン感覚で色んなヒントの波が見えます。

なじみやすいものから、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。