きょうは不思議な「魔術のカメの日」

0
きょうは不思議な「魔術のカメの日」

きょうは、「魔術のカメの日」。

不思議なシンクロが起こるかも?!

どんな日なの?

旧ブログ(POPちゃんのあたらしい元気予報)でも、何度かお話してきた「魔術のカメの日」。

13の月の暦で、「その月とその日の”銀河の音”が同じになる日」を指します。

 

今月は…水晶の月。

今日は…KIN25 赤い水晶の蛇。

というわけで、「水晶」というキーワードが、ダブルで登場しているのです。

 


水晶のテーマ「協力・捧げる・普遍化する」

 

水晶には、「協力・捧げる・普遍化する」というテーマがあります。

そして、水晶の月自体のテーマは、「生きとし生けるものすべてに自分自身をどのように捧げるのか」というものです。

 

一見とても壮大に見えるかもしれませんが、日常的な感覚で見てみると、「自分はこの社会の中でどんなことができるのかな~?」という問いかけになります。

 

それは、お仕事であったり…

ライフスタイルであったり…

 

「自分らしく在る」ことでシンプルにできる社会貢献、なのかもしれません。

 

 


不思議なシンクロが起こるスペシャルな日

 

さて、魔術のカメの日には、不思議なシンクロが起こると言われています。

今日のキーワードから、自由にインスピレーションを受け、創造してみて下さい。

 

「今日、起きていることはいったいなんだろう?」

 

そう問いかけ、こころとからだを観察すると、シンクロが既に始まっていることを、実感できるかもしれませんね。

 


年・月・日単位でのシンクロ

 

13の月の暦の面白いところは、「年・月・日」単位で、シンクロが起きるところ。

ある水晶の日のできごとが、つぎの水晶の日にシンクロしていたり。

前の水晶の月のできごとが、今年の水晶の月にシンクロしていたり。

 

ちなみに、13の月の暦は、7月26日からあたらしい1年が始まるのですが、およそ1か月後に迫ったその年は、「黄色い水晶の種の年」です。

 

もしかしたら…今日発想したできごと、今日体験したことが、7月26日からの新しい1年に、シンクロしているかも!

 

素敵ですね。


あたらしい自分に向けて「水晶の円卓会議」

 

さて、「水晶」などの「銀河の音」は、13種類あります。

そして、スゴロクのように、立体的に時間が進行していきます。

(この話はとても面白い時空のヒントです。また改めてお話しますね!)

 

13の月のそれぞれが、銀河の音に該当しているのですが…

水晶の月は、「円卓会議が開かれる」とき。

 

今まで自分がやってきたこと
(過去の行為)が公式化され、

これから自分がやっていくこと
(未来の行為)が用意される。

そんな、素敵なタイミングなのです。

 

今日は、水晶の月、水晶の日。

今までの自分を振り返り、そしてあたらしい1年(水晶の年)に向かって飛翔する。

そのための準備として、とてもよい日だと思います!

 

より自分らしく、あたらしく生きるヒント。

今日、見つかっちゃうかもしれませんね~!

 

ぜひ、色んな形でシンクロを感じてみて下さい♡