2017年8月8日|ライオンズ・ゲートのチャネリング

0
2017年8月8日|ライオンズ・ゲートのチャネリング

2017年8月8日 午前2:22~3:11

部分月食の時間帯にチャネリングしてみました。

3:11は本来満月になる時間帯ですが、

肉眼では、左端が大きく欠けて見えました。

自動書記で行ったチャネリングです。
ところどころ意味がぶっ飛んでいる部分もありますが、原文ママでお送りしたいと思います。
(見出しは、私がつけました。)

 

※ぶっとび注意※

いつもの元気予報記事より、ぶっとんだ内容です。

飛躍した内容が苦手な方は、今回の記事はスルーでオッケーです!

 


あたらしいシャーマンと、ライオンズゲート

 

過去、現在、未来。全ての私がこの月の前に平等。

ずっとこうして、つながってきた。

 

色々な人のリアルな生活が、ここ3次元にはある。

毎年この時期、短い時間。

月を見上げ、エネルギーの関門が開いた時に、あたらしいシャーマンは自らの意志で、月の力を借り、意図を投げかけてきた。

 

それは、”この3次元のリアルのまま、高次元の意識で生きていける”という言葉(※ときわ注:意図?)だった。

長年の祈りが、月のしずくとともに。

一滴一滴しずくが落ち、やがて大河となり、多くの意図を載せて天の川銀河に送った(※ときわ注:あたらしいシャーマンが、ということだと思います)

 

あたらしいシャーマンは、その瞬間の証人であり、永遠に在るものの、一つのあらわれである。

 


あたらしいシャーマンとは、何者か

 

体を持っても、持たなくてもある、普遍の真実。

平和が、地上、即ち3次元をリアルととらえる地球というステージに確かにある、という証明であり証人。

 

問い続けることで明らかにする者。時空の使者。

それが、あたらしいシャーマンである。

 

あたらしいシャーマンは、宇宙意識でありながら、地球存在である。

無限に広がるものであると同時に、制限のあるもの。

究極の矛盾、究極のカオスを選んで生まれてきた存在。

問いかけ続けることで、無限の無限性をさらに無限に。

有限の有限性をさらに有限としている。

 

これは数学の漸近線と同じことである。

数学は、この本質(※ときわ注:あたらしいシャーマンが、無限と有限に同時に生きること)を表すために作られた神の言語(※)である。

 


あたらしいシャーマンがつながっているもの

 

あたらしいシャーマンがつながっているものは、あなた達が今まで「不思議」と呼んできたものであり、阿頼耶識であり、アカシックレコードである。特定の「神」「仏」「霊」「宗教」という概念ではない。その全ての本質はひとつだからである。あなたたちの中にもそれらはいる。

(※ときわ注:全段落の最後で「数学は神の言語」と言っているのですが、ここで特定の「神」とかではない、という話がいきなり出てきました。思わず突っ込みたいところですが、リアルタイムでチャネリングしているときは、「ふ~ん、そっか~。」とスル―していました 笑)

 


水と星の祈りとは何なのか

 

あたらしいシャーマンは、地球出身の地球人である。

転生のほとんども、地球で起きている。

地球のエネルギーが、今大きく変容しようとしている。

この大変化をサポートすると決めた存在が、あたらしいシャーマンである。

 

水脈、石の脈というものが地球上にある。

それは、地球の神経とも言える部分。そこを活性化し、エネルギーの関門を調整する、水門の守り人のような存在。

 

なので、地球の必要に応じて移動し、その場所で星からのメッセージを受け取り、とき明かし、実行する。

これが水と星の祈りであり、鉱物界と植物界がそれをサポートしている。

 


あたらしいシャーマンはどうつながっていく?

 

あたらしいシャーマンは、必然的に出会う。

今まで全く違う仕事や環境に身を置いていたとしても、必ず自分の望む形でこの道に入ってゆくことになる。

これは2016年~2019年に急激に進む流れである。

 


伝統的シャーマンのコミュニティとの関係性

 

伝統的シャーマンの教えの中には、時空を超えた普遍的な真理がある。

それに気づいた伝統的シャーマン、宗教的指導者は、既に融合の道に入っているので、あたらしいシャーマンと矛盾なく調和する。

 

ただし、旧い(ふるい)地球のエネルギー、特に制限とエゴを増幅させたものは、もう一つの現実の方のみに存在するようになる。

 

(※ときわ注:ここ、今回のチャネリングで、もっとも難解な部分でした。字面だけみると、なんとなくわかるのですが。現実が分岐し、ある一つの現実にはあたらしいシャーマンと伝統的なシャーマンの共存があり、もう片方には共存はない、ということなのでしょうか。いつかまた、聞いてみたいところです。)

 


パラレル・リアリティの幕開け

 

2017年8月8日は、パラレルリアリティの幕開けである。

もちろん、以前にもこれは存在していたが、今まで三次元の”制限という側面”のみに親しんできた人たちも、おそるおそる、こわごわかも知れないが、”意図を向ける”ことで、望む現実にかんたんに向かうことを知る。

 

ここで、満月の時刻(3:11)を迎えました。

月は左端が欠けている月食。

「覚悟」「決める」という言葉が浮かぶ。

首里城の上方、龍雲がスッと浮かぶ。

 


あたらしいシャーマン 宇宙への貢献

 

あたらしいシャーマンは、水と星を通じ、石と木の力を得て、地球に貢献する地球人である。

 

自分たちに星を通じてメッセージを送る、他の星の人(宇宙人)と協力することができる。

 

水を通じて、他の水のある星に波動でつながることができる。

 

特別な存在ではなく、これからのあたりまえである。

 

究極的には、自分と地球を通じて宇宙に貢献している。

 

チャネリングは、一旦ここで終了しました。

そのあと、以下の短いメッセージが来ました。

 

あたらしいシャーマンにエールを贈る者

 

水と星のこと。

星について、金星人からのサポートがある。

水について、龍またはドラゴンと呼ばれる地上の存在がサポートしている。

龍は水であり、空気であり、遍在するものである。

 

地球には、地球人と地球人以外がいる。協力できるものが手を取り合う。

 


☆ときわよりひとこと☆

 

金星人、というのはノーマークだったのでびっくりでした。

最後のメッセージは、自動書記ではなく、「ボソボソッ」という感じで…

もう布団に入っていたので、スマホのメモに打ち込んでおきました(ものぐさ)

 

地球には、地球人と地球人以外がいる、って、なんだか気になりますね。

 

あたらしいシャーマンは、地球人のようです。

地球人以外で、地球をサポートしている存在もいるんですね。親切!

 

今日は夜、那覇のビーチに瞑想しにいきます。

ピンときた方は、ぜひメッセージください。合流しましょう~

 

満月のパワーを受け、素敵な1日をお過ごしください。

木田時輪


★ときわからおしらせ★

2017年の水星逆行中、楽しく学べるワークショップをやってみようと思いまーす!

内容:瞑想・数秘術・チャネリング・場の力・時の力

詳細はこちらからどうぞ♪

 

★ときわからおしらせ2★

なにかとモヤモヤする水星逆行期間…

スッキリして、前に向かいたいよね~!

アクセス・バーズ®、ボディプロセス®、チャネリングなど。

水星逆行中は全て20%オフで行います♪

 

セッションのページはこちら

お待ちしてまーす