元気予報:2017年8月28日「流れ」

0
元気予報:2017年8月28日「流れ」
西暦2017年 8月28日
旧暦 文月 7日
旧七夕

月齢 6.4
 二十四節気 処暑次候
 七十二候  天地始粛(てんちはじめてさむし)

13の月の暦…月の月6日
調波25 意図の普遍的な火を自己制御する

KIN97 赤い律動の地球
律動の:同等 組織する つり合わせる
赤い地球:舵取り 発展させる 共時性

今日のテーマ:「流れ」

 

自分の運命の流れに、気が付いたら乗っている。

それを自覚するような日です。

シンクロニシティ、不思議な偶然の一致を感じるかもしれません。

懐かしく感じつつも、新たな一歩を踏み出す。

 

過去、過去世からのこだわり、とらわれがある人は、一線を引く良いチャンスの日でもあります。

どうしても許せないことと…もうバイバイ!

あたらしい自分の、あたらしい流れに乗りましょう!

 


100匹目の猿にまつわる論争

*少し不思議なお話です。苦手な方はスルーでオッケーです!

 

100匹目の猿、というお話があります。

野生の猿のうち、ある個体が芋を海水で洗って食べるようになった。

すると、ポツリポツリと、マネをしたのか同じような行動をとる猿が増えた。

芋を洗う猿が100匹を超えた時、まったく離れたところでも同じ現象が起き始めた…

 

シンクロニシティの実例として長く語られてきたこのお話は、宮崎県で実際に起きた話とされていました。しかし、最初の発表者がのちにそれを否定し、現在では虚実の真相はわからないお話とされています。

 

一方、芋洗いではなく、石遊びをする猿が大分県で急増したとき、なぜか同じような遊びを遠く離れた京都で始める猿が増えた、という実例があります。

 

皆さんは、このお話を聞いて、どう思われますか?

わたしは、大事なところは「虚実を論争することではなく、この話がいま、ここにあること」だと思います。

そして、何かのタイミングで、このお話を目にしたこと。

それ自体が、一つのサインなのではないでしょうか。

 

今、100匹目の猿と同じような現象が起きています。

「自分軸で生きると決断した」人が、飛躍的に増えているのです。

すでにその数は一定数に達し、世界中に増えている。

あなたも、そう実感することが、増えているのではないでしょうか。

 


自分軸に生きる=今を生きる

 

自分軸に生きる人は、今を生きています。

歴史の中には生きていません。

 

歴史とは、それが家族の歴史であれ、国家の歴史であれ、「あるリーダーの一つの視点から見た、時間軸」を示しています。一つの価値観、という制限がおのずから含まれているのです。

 

言い換えれば、「ある一つの正しさに従って生きる世界線」です。

(世界線とは、時の流れのひとつ、支流だと思って下さい)

 

川の中には、枝葉のしがらみで淀んだ場所、流れなくなってしまう場所もあります。

1つの川を選び続けると、そのしがらみの中でますます淀んでしまうこともありますが、自分が流れを選び、流れを創っていけば、絶えずサラサラと、滞りなく物事が進んでいく!

 

そんな流れを、自分軸に生きる人は今日も発見し続けていると思います。

停滞し、苦しくなったら…

自由に流れを選びとり、流れに乗って、行先を変えちゃいましょう!

 

今日も、素敵な1日をお過ごしください。

 

木田時輪