元気予報:2017年7月27日(★ふりかえりUP記事です!)

0
元気予報:2017年7月27日(★ふりかえりUP記事です!)

★昨日(7月27日)アップできなかったので、振り返ってみました。

みなさん、どんな日でしたか?

西暦2017年 7月27日
旧暦 水無月 5日
月齢 3.7
二十四節気 大暑初候
七十二候  桐始結花

13の月の暦…磁気の月2日
調波17 奉仕の気品を想いだす
KIN65 赤い宇宙の蛇
存在 持ちこたえる 超える
生命力 生き残らせる 本能

今日のテーマ:作戦会議

 

心地よい状態を選んだら、次は作戦会議です!

自分の心地よい状態をチョイスし続けるために必要な行動は何か?

ノートとペンを用意して、さっそくひとりで作戦会議です。

 

どの行動にも、どの瞬間にも、どの持ち物にも自分が凝縮されていく。

純度100%の自分を実現するとき、生命力の扉がバーン!と開きます。


昨日はどんな日でしたか?

 

昨日は、ブログをアップする直前に、思いもよらぬアクシデントがありました。

そのようなわけで、アップできなかったのですが…

非常に昨日という日のエネルギー、こよみにシンクロしていたので、

私の体験を、日記風にシェアさせていただきます!

 

9:00 ボーっとする

朝6時から10時頃は、チャネリング・メッセージを受け取っている時間なのですが、この日はなぜか9時頃、猛烈にボーっとして、一休みすることにしました。

 

9:15 異変

居間から、ただならぬ物音がガタガタっと!

何ごとかと思い移動すると、仔猫がひきつけをおこし、瞳孔が開いていました。

「これは、危険なのでは?!」

非常に動揺しましたが、とにかくタクシーを呼び、動物病院に行くことに。

 

実は、昨日は非常に予定の多い日だったのです。

でも、目の前の命のことを考えると、そんなことは言っていられません。

とるものもとりあえず、出かけました。

 

9:30 タクシー到着

ネコは意識を取り戻しました。しかし、何かあるといけないので、このまま出かけることに。

するとネコ好きの運転手さんで、病院のだいたいの場所を伝えたら、すぐにわかってくれて発進。

運転手さんはネコを励ましながら、病院に連れて行ってくれました。

「おい、◎◎(ネコの名前)ちゃんよお、ネコ好きのおじさんが来てあげたから大丈夫さ~。それに、あの先生は上等よ。あんた良かったねー!命を助けられたんだから(うちのネコは畑で脱水症状の所を保護)がんばろうねー!」

こんな感じで、ネコにずっと話しかけてくれるのです。ネコは、ちょっと元気を取り戻したようでした。

 

9:40 診察

おじさんの励ましのおかげか、ちょっともちなおす仔猫。

その後診察の際、

●白血病か、ネコエイズによる脳炎

●猫のてんかん症状

●その他複数の疑われる要因

 

に絞って調べました。

検査の結果、現段階ではてんかんの症状ではないかとわかりました。

 

11:00 帰宅

実は、この日は用事で11時にもともと出かける予定でした。

仔猫の症状が落ち着いたのを確認し、予定より少し遅れて12時に出発。

もろもろ、予定されていた用事を無事に行うことが出来ました。

 


ふりかえって…作戦会議

 

わたしは、普段ネコたちが入れない部屋(少し離れた場所)で、チャネリングをしています。

もし、この朝ボーっとしていなかったら、仔猫の異変には気付かなかったでしょう。

ボーっとしててよかった 笑

 

この日の外出は、もろもろ新しいプロジェクトを準備するための行動でした。

しかし、仔猫の異変や、その他様々なこと(仔猫とはまったく別件で)が変動し、もともとの計画を少し見直す流れになりました。

 

また、もう一つの発見もありました。

仔猫は、耳がきこえないということが分かったのです。

 

保護した時、どこか反応が遅いな、と思ったのですが、衰弱していたのでまずは体力の回復につとめていました。最初の健康診断の時にも、特にその点はわからなかったのですが、今回色々調べ、観察した際に、耳が聞こえていないことがわかったのです。

 

ここで、不思議なことがあります。

仔猫は、運転手のOさんの語りかけで、勇気づけられたかのように見えました。

実際、鳴き声を上げるほどに車中でもちなおし、まるで反応しているかのようだったのです。

 

また、わたしも仔猫によく話しかけるのですが、仔猫じたいからの返事もあります。

 

つまり…

 

コミュニケーションは、五感を用いた物も、もちろんある。

しかし、感覚は五感だけではない。

 

という普遍的な事実を、仔猫は存在を通して、再認識させてくれたのです。

おじさんの愛を仔猫はきちんと受け取り、またネコ自身が自分が必要としている対応をわたしにきちんと伝えてくれました。

 

普段、チャネリングを通じて宇宙、星、鉱物界、植物界などと話をしていますが、身近な3次元の存在と対峙した時に、「3次元のクセ」で、五感のみの解決をしそうになります。動物はもちろんのこと、人間は、とくに人間に対して「3次元のクセ」を用いた受け答えをしてしまいがちです。このことに改めて気づかされるエピソード。

 

もっと自由なコミュニケーション。

もっと自由な受け取りとリリース。

 

そのための作戦会議の日だったのだなあ~

と、ふりかえりました!

 

ここで、もう一つ振り返り♪

昨日のKINです。

KIN65 赤い宇宙の蛇
存在 持ちこたえる 超える
生命力 生き残らせる 本能

まさしく…

そんな日でした!

 

こよみもまた、五感を超えた宇宙のコミュニケーションの手紙です。

伝えてくれてありがとう!

 

みなさまも、振り返りのエピソードなどあったら、教えてくださいね~

 

木田時輪