元気予報:2017年7月19日

0
元気予報:2017年7月19日

西暦2017年 7月19日
土用
旧暦 閏皐月 26日
月齢 25.0 
二十四節気 小暑末候
七十二候  鷹乃学習

13の月の暦…宇宙の月23日
パカル・ヴォタンの特別な13日
調波15 無欠性の普遍的な火を自己制御する
KIN57 赤い倍音の地球

倍音の:輝き 力を与える 行動する
赤い地球:舵取り 発展させる 共時性

今日のテーマ:生まれ出る新しい流れ

 

南極大陸は、大きな氷でできています。

永久に凍ったままのように思われる白い大地から、氷山が離れていくことがあるなんて?

一体、だれが想像するでしょうか。

でも、先日実際に起きましたよね。

 

そして、かつて大陸とつながっていた部分には、冷たく清浄な、フレッシュな流れがどんどん注ぎ込んでいく。それは、誰にも留めることができません。

 

水の一滴一滴は、とても優しくしなやかです。

しかし、ひとたび勢いと方向が定まれば、水はだれにも止められない強大な力となります。

 

それと同じように、あなたの中にぽたり、ぽたりと優しく落ちてきた思い。

今週中盤にかけて、強い情熱をもってあふれ出てくるかもしれません。

とても自然なことです。

だからびっくりしないで、その流れのままに新しい思いで進んでみましょう。


七十二候からのヒント

 

こよみは、いつも私たちにヒントを与えてくれます。

今週は、色々なこよみが「あたらしい自分/自立の一歩」を示してくれているようです。

 

ただいま、七十二候では「鷹乃学習(たかすなはちわざをならう)」。

鷹というと勇壮なイメージがありますが、もちろんピヨピヨの雛の時代があります。

お母さん鷹に守られていた雛たちが、この季節に、いよいよ狩りの技を学びはじめる。

 

それは、単なる生活の知恵や趣味、スキルアップの学びではありません。

ひとりでいることを実感し、ひとりの自分が生きる方向性を定める。

生きる術そのものを、全力で学んでいくのです。

 

そして雛はいつしか、天高く飛ぶ勇壮な鷹に成長します。

風を受け、どの方向に飛んで行こうか?

自らの運命の舵取ができるようになるのです。


流れに乗って

 

自分の進む方向はどこだろう?

進む方向を決めたら、船乗りは、マストをゆるめ方向転換します。

 

「こうでなければいけない」という思い。

流れにのるべく、いっそうゆるめていく時期のようです。

素敵ですね!


さて、今日は土用です。

 

土用は、次の季節に向かうための調整期間。

あたらしい自分に向けて、必要なこころとからだの調整にぴったりの日です。

 

鰻を美味しく食べるのもいいですし、古来は薬草を入れたお風呂に入って(土用湯)ほっこりしていたみたいです♪

 

心身ともに、ほっこり楽しくお過ごしください!

木田時輪