元気予報:2017年6月29日

0
元気予報:2017年6月29日

西暦2017年 6月29日 
旧暦 閏皐月 6日
月齢 5.0
二十四節気 夏至次候
七十二候  菖蒲華(あやめはなさく)

13の月の暦…宇宙の月3日
KIN37 赤いスペクトルの地球

スペクトルの:解放 溶かす 解き放つ
赤い地球:舵取り 発展させる 共時性

今日のテーマ:好きなことをやる

 

家の中の居心地(=体の居場所)がよくなり、

心の中の居心地(=安心)がアップしたら…

 

好きなことをやる余裕が、少しずつ出てきます。

いまの自分が、やってみたいことは何だろう?

 

もしあれば、とりあえずやってみましょう。それがあなたのエネルギーの呼び水になります。

ほんの少し、小さなことからで大丈夫です。


心の余裕を作りだす方法

 

昨日の元気予報のテーマは「安心できる場所」でした。

安心できる場所を少しずつ作ると、心の余裕が少しずつ広がっていきます。

 

心身は密接にリンクしているので、体が心地よいと、心も心地よくなっていくのです。

逆に言えば、心の居心地が悪い時、家の住み心地は何らかの形で悪くなっていきます。

  • 掃除がおっくうになる
  • 何もしたくない
  • 気分がふさぐ…

という、悪循環にはまっていくのです。

 

こんなときは、たった一つでも小さな達成感を。

机の上を拭く、コップを一個だけ洗う、シャワーを浴びる…

何でも大丈夫です。

 

これは、いわゆる「形から入る」のと同じで、体の居心地をちょっとアップさせることで、自分の気(あるいは、心理状態)の流れをアップさせる、風向きを変えるという行為です。

小さいですが、効果抜群!


ちょっとだけでも、好きなことを

 

居心地が、体(or 現実世界)の「けがれ(気枯れ)」のバロメーターだとしたら。

「好きなこと」は、心の世界が現実に映し出すもののバロメーターです。

 

好きなことがある、好きなことが感じられる。

これは、すごいことなのです。

自分の心をときめかせるものがあれば、生きる気力がわいてきます。

「気の泉」のようなものなので、たとえ「けがれ(気枯れ)」ても、大丈夫なのです。

 

元気とは、その人が「元々」持っている「気力」が、存分に発揮される状態。

そのとき、どんなけがれも、あなたに取り付くシマがありません。

あなたから湧き出る命のパワーが、それらをサッと洗い流してしまうからです。

 

好きなことのパワーをシャワーみたいに浴びて…

爽やかで楽しい1日をお過ごしください!

 

木田時輪