自動書記で☆POPにチャネリング

0
自動書記で☆POPにチャネリング

自分でできる「POPなチャネリング」シリーズです!

ペンデュラムに続き、今日は自動書記の簡単なやり方をご紹介します。


自動書記ってなに?

意識的に考えて文章を構成するのではなく、潜在意識から受け取ったメッセージをそのまま記述するチャネリング方法です。

 

普通の文章ですと、「起承転結」「テーマ」など諸々考え、整えていきますが、自動書記は潜在意識を通じて受け取るチャネリング・メッセージなので、自分の思考は通さない=文章を考える必要はない、というのがポイントです。


「自分の思考を通さないで書く?!」

 

さらりと書きましたが、初めての時は「???」って感じですよね。

私たちは、文章は自分で思考して構成するものと信じています。

これをちょっと詳しく説明しますね。

(ややこしいので、以下ここの説明は、全スル―でもオッケーです 笑 次の章からどうぞ!)

 

顕在意識で書く文章は、論理的な文章です。

「論理」は自分で思考して構成するもの

これは、間違いではありません。

しかし、ひとつ落とし穴があります。

 

文章=論理ではないのです。

文章は、論理を説明するのに役に立つツールですが、論理そのものではありません。

そして、文章=顕在意識、というわけでもないのです。

 

聖書の書き出しに「はじめに言葉があった」という部分がありますが、この世の初め(カオス)の時に言葉がもうあったとしたら…

 

カオスの言葉、論理を超えた「つながる」言葉がある。

それが、自動書記です。

長くなりそうなので、もうこの辺でこの説明は、やめます!


POPな自動書記♡

 

では、色々すっとばしていきましょう!

”自動書記=潜在意識の世界から来るメッセージを「つながる」言葉で書いたもの”

と前章で書きましたが、生まれてこの方、顕在意識(3次元の法則)で私たちは生きてきたので…

正直、「そんな…いきなり言われても…」と思っちゃうかもしれませんね。

 

大丈夫です!

そこで、3日坊主でも続けられる、スーパー簡単な入門法を考えてみました。

名付けて、「ランチボックス法」。

 

【3日坊主でもできるPOPな自動書記:ランチボックス法】

はじまりはじまり~!


☆用意するもの☆

  1. ノート(なんでも可。継続するなら、やる気があがる好きなデザインで!)
  2. マーカーか色鉛筆(これもなんでも可。3色~5色)
  3. ボールペンかシャープペンシル

【やりかた】

①まだ書き込んでいないページを出す。

②マーカーを用意。今回は5色でやってみました。

③お弁当箱に見立て、自由に形を書いてみましょう。

④それぞれの色、形からインスピレーションを受けた言葉(単語、見出し的なもの)を、書き入れます。

⑤その単語から想起するキーワード/文章を、深く考えず書き込む

☆POINT

深く考えず、パッと出てきたキーワードを書いていきます。

文章がスラスラ出てきたらそれでもいいし、出てこなければそのまま。

これを、気が向いたときにやってみてください。

文章が埋まらないということにも、ヒントがあります。


自分に向いた方法が◎

 

ランチボックス法(?)は、たった1ページで大丈夫です。

数語であっても、それは立派なチャネリングメッセージです。

ペンデュラムの時にも書いたのですが、「私には無理かも」と思うより、まずはハードルを下げて取り組んだほうが、自分のからだの居心地はよくなり、結果、適したチャネリング法を見つけるのが早くなります。

 

自動書記は、伝統的な方法、荘厳な方法、他の言語をチャネリングする方法(異言)などいろいろあるのですが、

 

☆安全

☆簡単

☆特別な用具はいらない

☆3日坊主でも別にいい

 

と思えば、ちょっと気楽ですよね!

 

ぜひ、自分のお好きなスタイルで、POPに試してみて下さい♪

木田時輪