少しビッチなぐらいでいい

0
少しビッチなぐらいでいい

こんばんは、ときわです。

本日は「少しビッチなぐらいでいい」というお題で、お話したいと思います。

過激に感じられる方もおいでかも知れませんが、少々お付き合いくださいませ。

 


ビッチとは何か?

 

ビッチ(Bitch)という言葉は、英語スラングで、相手を罵るようなシチュエーションで使用されることが多いと思います。

 

しかしながら、2000年代に入って、別の意味合いが付加されてきました。

  • はっきりと意見が主張できる人
  • 自分主体に行動する人

こういった意味あいです。

 

私が思うに、これらは「ビッチめ!」とののしられた方が、それを逆手にとって、自らを「ええ、ビッチですが何か?ビッチとはなんですか?主張することがビッチならば、あえて自分をビッチと自称しましょう!」と宣言し、使い始めたのではないかと思います。

 

たまたま仕事で2005年ぐらいから、海外に行ったり、最終的に居住していたため、「ビッチという言葉の意味の推移」を、リアルタイムで目撃してきました。

自分自身は、当時はこの言葉を使ってよいものか判断尽きかねたので(ネイティブではないため、慎重になったのです)、当時は使ったことはありません。しかし、強く美しい女性・男性が自分の言葉で「ビッチについて」語る場面を目撃し、しばしばその意味を、考えてきました。

 

それから長い年月が経ちましたが、今、思う事。

人は、少々ビッチぐらいで、いいのではないでしょうか。

 

晴れ時々ビッチ

ビッチの反対語は、Good Girlです。(スラング的に)

外国でお仕事をし、小切手払いでギャランティを頂くとき、取引先の年長の男性に、決まり文句として「Good Girl」といわれることがしばしばありました。

当初は、ニュアンスがよくわからず、ニコニコ笑って「ありがとうございます!」と言っていたのですが、後年「なんだかな~」と思いました。

 

いい年の大人に、「いい娘だね~♪」って(笑)

ご本人は悪気ないと思うのですが、無意識のうちに、こういっているのではないでしょうか。

 

Good Girl=いいこだね=「都合の」いい子だね

 

ガーン!

ガーン!

ガーン!

 

昔、私はビジネスの契約更改する時に、主張することは殆どありませんでした。

「波風を立てない方が、仕事がもらえる」と、思い込んでいたようです。

しかし、実際にはそのようなことはありません。

BAD GIRL(ビッチ)は、きちんと交渉し、自分の道をさっさと歩いていく!

 

それを目撃しまくった結果、わたしは変わりました。

主張=悪いことと思うのを、単にやめました。

フツーに働き、フツーに正当な報酬を得て、フツーにプロの仕事をする。

そんな働き方になったのです。

だいぶ楽に、なりました。

 


いい人って、何?

 

今、このタイミングで、なぜこのエピソードを思い出したのか?

不思議と関係ないけど、ブログに書こうと思ったのはどうしてか?

わかりません(笑)

 

でも、これもメッセージ的に必要な「パズルのピース」かもしれないと思い、書いてみますね。

 

いい人は、誰かにとって「都合のいい」人。

それをやめ、「ビッチ」の道に入った時、何が起きるか?!

それは、大人の面白い自由です。

 

主張=悪いことと思う「思い癖」、このパズルのピースを、今捨てたらどうなる?

そんな問いかけをしてみるのも良いかもしれません。

 

素敵な夜をお過ごしください。

木田時輪