解放、溶かす、解き放つ。

0
解放、溶かす、解き放つ。

先日のブログで、「13の月の暦」について触れました。

13の月の暦は、1990年代にホゼ・アグエイアス博士とパートナーのロイディーンによって創られた新しい暦です。

その基盤は伝統的マヤ暦の叡知に由来しますが、2012年にマヤ暦の大きな節目(バクトゥン)が終了したあとの、新時代に対応しています。

人を制限・管理する存在ではなく、自然や宇宙とシンクロし、自分を生きるためのナチュラルなツールとしての時間。

自分の時間を、暦を使いながら体感していく。13の月の暦は、そういった存在です。


現在の変化と13の月の暦

さて、最近身辺に急激な変化を感じている方は多いと思います。ゴールデンウィーク中盤ぐらいから…

●気分のムラがある

●長年繰り返してきた「人間関係のループ」に向き合うエピソードがある

●自分の「思い癖」「生き癖」のパターンに気づく

●自分の「ドロドロした部分」「どうしようもない部分」に気づく

というような体験をされた方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか?

これらは、愉快なことではありません。

いつかは向き合わなくてはならない、けれど目を向けたくないから、自分の心の奥に固く押し込め、凍らせてきた永久凍土のごとき部分。

それが今、出てきています。


13の月の暦に見るヒント

誰もが持っている「心の永久凍土」が溶け出すのが、なぜ「今」なのか?

そのヒントを、13の月の暦が教えてくれるかも知れません。

13の月の暦では、5月2日~29日は「スペクトルの月」。月毎に「問いかけ」とキーワードがあるのですが、今月はこのようになっています。

●問いかけ

「私はどのように解き放ち、なすがままにさせるのか?」

●キーワード

解放、溶かす、解き放つ

そう、今は雪どけの時期。

雪も氷も雨も雲も、みんな成分は同じ。

しかし個体液体気体で、まったく違う姿を成していますね。

「いま」という時期は、あなたが新しい姿をなすための変化の時期。

氷から水になるには、「ある化学変化のプロセス」が存在します。あなたに起きているのは苦行ではなく、あたらしい自分出現のための化学変化!

そう考えると…

できるだけ多くの「パターン」「クセ」「ドロドロ」が出てきたほうが、その後が楽になりそう!

つまり、これらは「変化のお知らせ」=朗報 でーっす!

素敵ですね。

今日も、愉快な1日をお過ごし下さい。

木田時輪


☆ときわよりひとこと☆

5月の東京・大阪でのセッション、お陰さまで残席とてもわずかです!(京都は満席となりました。)

雪どけの時期、スッキリしたい方は、ぜひお気軽にお越し下さいませ。

【現在の残席】

●東京 5月17日(金) 残2席

10時~/15時~

●大阪 5月24日(金) 残1席

12時~のみ

どうぞよろしくお願い申し上げます☆

★Information★

◇セッション

2019年5月のセッションスケジュール

2019年6月のセッションスケジュール

6月「宮古島&石垣島セッション・WS」

◇クラス

近日のアクセスバーズクラス

近日のアクセス・フェイスリフトクラス

近日のアクセス・ボディプロセスクラス

※クラスは、ご希望の日時・場所で開催可能です。詳しくはお問い合わせ下さい!

◇サロンのご案内

水と星のヒーリングサロン 那覇店

「ゆいレール」県庁前駅徒歩8分

市バス2番・5番「久米孔子廟前」徒歩5分

波之上ビーチ近くのサロンです。