【最新版】13の月の暦ダイアリーのレビュー

1
【最新版】13の月の暦ダイアリーのレビュー

あたらしい時代のあたらしい時間。

自分と宇宙のリズムを、使うだけでシンクロさせてくれる「13の月の暦」。

来る7月26日~使える最新版が出ましたので、早速サクッとレビューします!

ご紹介するのは、「白い磁気の魔法使いの年」バージョン。グレゴリオ暦では2019年7月26日~2020年7月25日に対応しています。

現在こよみ屋さんの公式サイトから購入すると、一年の流れを俯瞰的に捉えられるA3ポスターもプレゼントでついてきます♪


ダイアリーの特徴

このダイアリーは、13の月の暦とグレゴリオ暦が併記されており、なおかつコンパクトなガイドブックが巻頭・巻末にあります。必要な情報がコンパクトにまとめられており、デザイン的にもスッキリ・直感的に使用できるのが最大の特徴だと感じます。

長年のベストセラー、青い表紙の手帳と比べると書き込めるところが多い!

●初心者の方

●使いながら気付きをキャッチしていきたい方

●手帳と日記を1冊でまとめたい方

に、おすすめです。


前年度との違い

1)待望の!旧暦表記

月の朔望に加え、和暦旧暦の記載がプラスされています。新旧の時間軸とグレゴリオ暦を対比し、俯瞰的につかめるのがいいですね♪

2)解説が充実!

前バージョンのダイアリーにはなかった、Hunab ku 21などの情報が大幅追加!(前年度版は、自分でカラーコピーして空欄に貼ってました 笑)眺めてるだけで、最新の銀河の流れに、シンクロしやすくなっちゃうかも?!

さらに、月と太陽が地球に近づいているタイミングなども記載。

用語解説も全体的により分かりやすくなってます!フォント等デザイン的な工夫に優れ、馴染みやすいのがいいですね。

3)地味に嬉しいインデックス

私は、地味にこれが嬉しいですー!!

インデックス。

前バージョンは、使っている月をパッと出すのが難しかった…けど、これなら安心です。

全体的に、より使いやすく、より見やすくなったダイアリー!

あたらしい時代、あたらしい自分の時間で生きてみたい方は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。


☆ときわよりひとこと

使っていると、いろんな気づきにビックリ~♪な、13の月の暦。使っているうちになぜか心身が好調になるのが、一番のメリットかも。開運のベースになるのは、やはり気楽で健やかな毎日ですもんね!

これからもブログを通じて、その面白さをシェアしていきたいと思います。

☆5月セッション空き状況

こちらの記事から、ご確認頂けたら幸いです。6月は、内地でのセッションはございませんので、タイミングが会いましたらぜひ5月に♪

ちなみに、近日詳細を発表しますが、6月後半は宮古島・石垣島でセッションとアクセスバーズクラス、アクセス・フェイスリフトクラスを予定してまーす☆

宮古・八重山の皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。